貸会議室っていう位ですから、会議するために借りる部屋というイメージがあると思います。ですが今は打ち合わせにも使われる方もいらっしゃるようです。1対1の打ち合わせならちょっとした喫茶店でできますが、結構な人数になるとそうはいかないですよね。顔合わせも兼ねている場合は座席の配置にも気を使います。貸会議室ならだいたい3時間~半日ほどの時間設定で借りることができるので、時間の面でも融通が利きます。打ち合わせの利点としては個室のため、マイク、プロジェクターを使っての説明もできます。打ち合わせだけではなく研修の場として使用する事もできます。都心の場合、会社自体のスペースが狭いことが多いです。その点貸会議室なら時間・スペースを気にせず使うことができます。費用はかかりますが、そのぶん質の良い打ち合わせができるのではないでしょうか?

貸会議室を借りてみよう

貸会議室がじわじわ増えてきています。会議室を置く広さのオフィスを借りる企業が減った、ということもあるでしょう。そうなると、空室のオフィスが増えていきます。空になっていてはもったいない、管理費用も発生するのですから。そこで、オフィスの賃貸を行っている不動産会社が始めたのが会議室を時間で決めて貸し出すという形なんですね。オフィスとして貸し出すとすると、毎月の定期収入が見込めますが、しかし借り手が少ない。その点、会議室をパーティションを切って机を置くとすぐに始められます。借り手も、常に会議室のスペースを確保する費用を捻出するのは厳しくても、月に一度など、必要な時に会議室を借りられるのであれば、嬉しいですね。そういう点で、借り手と貸し手の需要と供給が合致して広まったのが貸会議室なのだろうと思います。これからも、増えていくのではないでしょうか。

“貸会議室”を利用する大きなメリット

私の会社では、独自の会議室は持たず、貸会議室をメインに利用しています。ここでは、その大きなメリットをいくつか取り上げてご紹介していきたいと思っています。ご参考までにご覧いただけますと幸いでございます。早速ではありますが、まず、ちゃんとした設備を利用できることがメリットのひとつとだと思います。マイク、プロジェクター、テーブル、インターネット回線の利用環境、ホワイトボードなど、揃えなくてはならないものが多くありますが、貸会議室であれば、こういったマストなアイテムは普通全て用意されています。次に、ムダなコストの削減を図れることも魅力です。都心に大きなオフィスを構えてしまうと、その維持費は莫大な金額となってしまいます。貸会議室であれば、必要なときに必要な場所で、借りることができますので、無駄な固定費を抑えることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)